LOVEROS/ 10月 16, 2018/ お知らせ, 私の思い/ 0 comments

————————————————

山﨑静『誰でも、簡単に、恋愛上手になる?』

————————————————

一年以内でのプロポーズ成功率78%!!!
恋愛・婚活コンサルタントの山﨑です。

記事を読んでくださり感謝しております。
ありがとうございます。

本日は、クライアントの週間報告のメッセージを一通ご紹介させてください。

「今週は山田さんと二回デートしました❤️
水曜日のデートは先日zoomで静先生に相談した通りです。

山田さんが前の離婚原因などを打ち明けてくれました✨

彼は以前悲しい事が起きてしまったが為に、
次はこうしたいという強い気持ちを持たれていたので、
静先生にzoomで相談して、
昨日私も自分がこの先どうしていきたいか
(結婚後も仕事を続けて、一方で旦那さんも仕事をして輝いて欲しいので一生懸命家庭を支えたい事)を伝えました。

山田さんも自分の離婚暦や原因を私が受け入れた事と、
私の考えを山田さんに伝えた事で、
ホッとしてくれたみたいです✨😊

余談ですが、
鴨川沿いを散歩しながら話していたら、
彼が家からジャスミン茶をいれたポットとむき栗を持って来てくれていて、
すごくほっこり温かい気持ちになりました✨
とても格好いいし優しくて大好きです💕

次は、
一緒にジムで運動して楽しんできます✨😊

沢山の回数会って、
お互いを知っていきたいと言ってくれたので、
まだ先は少し長いと思います。

でもこんなに楽しい気持ちが続くなら私はこれで十分幸せです🎵

他の男性とお見合いしたり、
会うつもりは私の中ではもうないので彼一人を見続けたいな、
と思っています✨

山﨑先生、本当にありがとうございます。
今こんな気持ちで過ごせて、とても幸せです。

こんなに生きて素晴らしいと思えるのは静先生のおかげです。

上場企業勤務の31歳女性です。
私のコンサルを受けるまでは、お見合いパーティーや恋活・婚活のアプリで3年間ほどやってました。

すごく会話が楽しくて素敵な女性ですが、
恋愛がうまくいかないからと、
私のコンサルを受け始めて2ヶ月です。

こんなにはやく好きな人を見つけて、
しかも幸せに感じてて、
本当にうれしいです。
私こそ、ありがとうございます。

 

 

さて、

本日のテーマ『誰でも、簡単に、恋愛上手になる?』

まず、
恋愛の意味について、
お分かりですか?
知っていますか?

辞書を調べると、
いろいろ出てきます。

今日は、
私が理解している、
私が感じている「恋愛」について説明させて頂きます。

 

はじめに
「恋愛」を「恋」と「愛」を、

文字別でみてみたいと思います!

◆「恋」の意味
辞書を調べたら、最もわかりやすいのは

異性に強く惹かれて切なく思うこと。

また、その心。

「恋の語源・由来」
恋の動詞表現は、現代では「恋する」が一般的であるが、
古くは『恋ふ(こふ・こう)』で、
「恋ふ」の名詞形が「恋」です。

「恋ふ」は、
人に対してものを与えてくれるように求めたり、
何かをしてくれるように願う意味の「乞う(こう)」と同じで、
古くは、
異性に限らず、
花・鳥・季節など、
目の前にない対象を慕う気持ちを表した。

「万葉集」では、
「恋」を表す「孤悲」を当てた例が多くみられます。

やがて「恋」は、
目の前にない対象を異性に限られるようになり、
「あいたい」「独り占めにしたい」「一緒になりたい」といった、
男女の恋愛感情を表す言葉となりました。

「恋」の旧漢字は「戀」
上部の「糸+言+糸」から、
もつれた糸にけじめをつけようとしても、
簡単にけじめをつけられないことを表し、
「もつれる」と同系の言葉です。

これに「心」を加えて「戀(恋)」は、
心が揺られて思い切りがつかないことを表します。

注:「恋」の解釈は語源由来辞典より

こちらの恋(戀)での解釈では、
恋した人がする相手に対して、
「会いたい」「独り占めにしたい」「一緒になりたい」という感情を表しています。

すなわち

恋「戀」は片思いです。
恋「戀」は片思いです。
恋「戀」は片思いです…

 

 

◆「愛」はどうでしょうか?

辞書をしらべたら、
恋(戀)と違って、
「愛」だけの漢字については、
明確な解釈はなかった!

この意味を正しく理解するのに、
やはり文字をばらすことしかないと思います。

「愛」という漢字は、
「受」という文字の中に「心」を包み込むようにして書かれています。

すなわち

人の「こころ」を受け止めることが
愛であると考えるとわかりやすいと思います。

これが、
この文字最も核心を突いた解釈の仕方だとは思います。

愛は受け止めるものであって、
与えるものではないということになります。

人を愛することが難しいと思うのは、
そのあたりを勘違いしているからではないでしょうか。

一生懸命愛情を注いでいたつもりなのに、
その気持ちがなかなか伝わらずに、
もどかしい思いをしたことがある人もいることでしょう。

それもそのはずです。

愛していることを伝えるには相手に愛情を注ぐのではなく、
相手の愛情を自分の方が感じ取らなければならないのですから。

逆の努力を一生懸命していても伝わるはずがありません。

愛するということは相手の愛情を感じ取ることです。

相手の気持ちを理解するということですね。

自分からは何もする必要がないので、
とても簡単なことのように思えるかもしれませんが、
それがとても大切なことなのです。

そんな簡単なことすらできなかった人は多いと思いますが、
それは今まで愛し方を間違えていただけのことです。

自分からは何もせず、
ただ受け止めるだけで、
それが「愛」だと、
思います。

 

 

恋「戀」は片思いという意味で
愛はお相手の心を受け止めること。

二文字を合わせると、
お互いの片思いの心を受け止め
両想いになったのが恋愛だと良くわかります。

ですので、
恋愛というのは、
与えるいうより、
受け止め上手のほうが、
恋愛が最もうまくいくと思います。

お互いのいいところも、
悪いところも

また、
「あいたい」
「独り占めにしたい」
「一緒になりたい」
という心を
全部受け止めることさえできれば、
素晴らしい恋愛できるのではないでしょうか!!!

 

貴重な時間にて文章をお読みくださり感謝しています。
ありがとうございます。
それでは、また。

山﨑静

追伸:
★shizuとお友達になりませんか?
『LINE@にて恋愛・婚活のモテモテ女子になれる秘法を配信しています!』

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*