LOVEROS/ 10月 8, 2018/ 私の思い/ 0 comments

 

山﨑静です、

記事を読んでてくださり感謝しております。

ありがとうございます。

 

まずは、私のコンサルを受けているクライアントからのメッセージを

1通、ご紹介させてください。

 

>今は猛烈に幸せです!!!!!!!あんな優秀な彼にこんな事言ってもらえるなんて…❣️

静さんに教わる前は、自分の気持ちを出すと恥ずかしいと思っていました。失敗したくないし、かわい子ぶったって誰も喜ぶはずがないと…

でも、

ライン術もそうですし、普段のコミュニケーションの取り方も教わって、女性はどんなでも女の子らしく可愛くいるだけで愛されて、ただ男性がしてくれた事に対して喜んで褒めるというシンプルな事がこんなにうまくいくなんて…!!!

びっくりしています(笑顔)

 

 

この方は上場企業の経理担当をされている29歳の女性会社員です。

見た目もきれいで知的で学び精神もあってとても素敵な方です。

将来の子供達によりよい環境を与えられるように婚活もキャンリアも頑張っている方です。

 

このような素晴らしい女性と、

一緒に夢を叶えるために共に活動できることがとても幸せに思っています。

こちらこそ、感謝しています。

ありがとうございます。

 

さて、

 

恋愛・婚活コンサルタントとは?

 

 

コンサルタントには国家資格が1つだけあります。

それは、

 

 

中小企業診断士

 

 

この名称は、ネーミングセンスとしてはゼロ点の名前ですが、

しかし、本質は的確に表しています。すなわち、

「コンサルタントとは?」

 

 

診断する人

 

 

何を診断するか。

簡単です。

 

 

「本質的な問題はどこか?」

 

 

病院にたとえるならば、レントゲン技師という役割になります。

相手企業のレントゲンを撮ります。そして、

 

 

「本質的な問題はどこか?」

 

 

を映し出します。

 

たとえば、ある患者さんが癌であるか・どうかはどうやって

分かるでしょうか?レントゲン写真を撮れば分かります。

レントゲン写真に腫瘍(しゅよう)が写っていれば、患者さんが

癌であることが分かります。

 

では、

 

レントゲン写真を撮らずに治療を始めるというのはどうでしょうか?

たとえば患者さんが病院にやって来た後に、何の検査を行うこともなく、

いきなり診察を始めるというのは、どうでしょうか?

 

「先週からこの当たりに痛みがあるのですが、、、」

「大したことないと思います。念のために痛み止めを

1週間分出しておきましょう。お大事に。」

 

 

・本質的な問題を知らずにして問題を解決することは絶対にできません。

・本質的な問題を知らずにして問題を解決することは絶対にできません。

・本質的な問題を知らずにして問題を解決することは絶対にできません。

 

 

「どこに本質的な問題があるのか?」

このことには時間を十分に投資するだけの価値があります。

 

・血圧を測って、

・心電図をとって、

・レントゲンを撮って、、、

 

「本質的な問題がどこにあるか?」に関して、念入りな検査をするだけの

価値が十分にあります。なぜなら、

 

・体調が悪い理由が、季節の変わり目による風邪なのか、それとも癌なのかで

その後の治療法は全く変わるからです。

 

・体調が悪い理由が、季節の変わり目による風邪なのか、それとも癌なのかで

その後の治療法は全く変わるからです。

 

・体調が悪い理由が、季節の変わり目による風邪なのか、それとも癌なのかで

その後の治療法は全く変わるからです。

 

 

風邪の人に癌の治療は必要ありません。また、癌の人に風邪の治療を試みるのは

意味がないのです。治療を始める前に、

 

「本質的な問題は何か?」

 

に関しては、十分に時間をかけていいものです。

その後に行われるであろう治療法が全くの無駄なものに終わるのか、

それとも効果的なものとして行われるかは、本質的な問題に働きかける

治療法なのか・どうかにかかっています。

 

病院の先生が、

・血圧を図り、

・心電図をとり、

・レントゲン写真を撮る、、、などをするかのように、

 

恋愛・婚活コンサルタントは、

 

 

恋愛・婚活コンサルタントとは?

・活動状況の面から分析をし、

・本来のあなたの魅力の面から分析をし、

・出会いの面から分析をし、、、をするわけです。

 

いろいろな分析をする理由は1つだけ。

それは、

 

 

「本質的な問題はどこか?」

 

 

を特定するため、

です。

 

 

ベストパートナーと結婚に対して、ベストパートナーと出会って結婚できた方のレントゲン写真を見せること

 

 

それが恋愛・婚活コンサルタントの仕事です。

 

 

 

そして、

恋愛・婚活コンサルタントが特定する本質的な問題というのは、

最後は、極めて単純なものです。なぜなら、本質的な問題というのは、

いつも単純だから、です。

 

たとえば、すごく太っている人がなかなか痩せられないという

問題を抱えていたとします。そして、その人が

 

・「こういうサプリを飲んでいるんですけど、なかなか痩せられないんです」

・「こういうダイエット法を試しているんですけど、なかなか痩せられないんです」

・「こういう体質的な事情があって、なかなか痩せられないんです」、、、

 

と、表面上のことをアレコレ・アレコレどれだけ言っていたとしても

本質的な問題というのは、いつも単純です。

 

 

食べ過ぎ

 

 

以上、です。

 

本人が必要以上に食べている。それ以上でもそれ以下でもありません。

「それを言ったら身も蓋もない」「それを言ったらお終い」というのが

本質的な問題です。

 

そして、その本質的問題を、実は本人も分かっています。

自分が太っている本当の原因は、食べ過ぎであるということを

本人も分かっています。だから、食べる量を減らしさえすれば

痩せられるということも本人は分かっています。

 

しかし、その分かっていることを日常で意識しないようにしている

わけです。潜在意識の奥深くに押し込んで、日頃は見ないように目を

背けながら生活しているわけです。分かっているけれど認めたくはない。

 

なぜなら、もし本質的な問題というのが極めて単純なものだと

認めたならば、

 

 

そんな単純なことでさえ自分はできていないと認めることになるから

 

 

だから、太っている人に痩せるということは極めて・極めて難しいもので

あって欲しいわけです。痩せるのは難しい。だから、痩せられないんだ。

痩せられないのも仕方がないんだ、と思い込みたいわけです。それで、

「どこに効果的なダイエット法があるのか?」と探し続けたいわけです。

 

しかし、物事の方は単純。単純なものを複雑にしているのは本人の思考。

太っている原因は食べ過ぎ。だから、食べる量を減らす以外に本質的な

問題解決法はない。そして、もし本質的な問題が食べ過ぎであると分かったならば、

解決法は、誰にでも簡単に分かります。

 

 

恋愛・婚活コンサルタントの仕事とは、本質的な問題をベストパートナーを見つけて結婚したいクライアントの前に提示すること

 

 

本質的な問題さえ発見できれば、

解決策は自動的に導かれます。

簡単です。

 

 

出会いが足りないのであれば、出会える行動を増やせばいいのです。

 

 

・日本経済は関係ありません。

・少子晩婚化社会も関係ありません。

・あなたの今までの経験も関係ありません。

 

 

トキメキが足りないのであれば、ときめく行動を増やせばいいのです。

 

 

それだけ、のことです。

同じように、

 

 

>「出会いがあるけど、結婚したいと思える男性がいない、正直、困っています。

どうすればよろしいでしょうか?」

 

大事なのは、

 

 

「本質的な問題は本当に、男性の問題なのか?」

 

 

です。

 

解決策を出す前に診断をする必要があります。

いろいろな角度から、いろいろな要素を分析してみる必要があります。

分析してみれば、

 

 

>「本当にどのような男性と結婚したいのか、自分でもわからない」

 

 

という事実も出てきたりします。

もし、本当にどのような男性と結婚したいのか?事実のであれば、問題は

男性がいないのが問題ではないことは明らかです。

【本質的】な問題は、

 

 

男性にあるのではなく、結婚したいのにどのようお相手と結婚したいのがを明確にしていないの方にある

 

 

たとえば、結婚してからどのような結婚生活が理想なのか?

どのような男性と一緒にいると幸せに感じれるのか、、、

 

 

ベストパートナーの明確のイメージが出来ていないままで

出会いを増やしていても

行き先は出会いたいお相手ではない人に逢いに行くことになり、

お互いに居ても楽しいも何にもなく、

結局時間の無駄で、ストレスが増やし、

婚活するところが、、

結婚までネガティブに感じます。

 

 

>「出会いがあるけど、結婚したいと思えるベスト男性がいない、

正直、困っています。

どうすればよろしいでしょうか?」

 

大事なのは、

それは「本当に【本質的】な問題なのか?」、です。

本質的な問題ではないのに、その表面上の問題に働きかけるのは

時間の無駄です。

 

 

根が腐っているならば、葉っぱを何回切り落としたとしても、

やっぱり腐った葉っぱが生えてきます。

 

 

本質的な問題というのは、最後は極めて単純な問題です。

太っているならば、食べ過ぎているから、というくらい単純な問題です。

それを言ったら身も蓋もないというようなもの、それが本質的な問題です。

 

太っている人にとっては痩せることは何よりも難しいことであってほしい

わけですが、論理的には極めて単純。

 

同じように、

 

ベストパートナーと結婚したい方にとって、今、恋愛・婚活で何か問題が起きているならば、

その問題は何よりも解決が難しいことであってほしいわけです。

なぜなら、もし簡単なのであれば、その簡単な問題さえ解決できない

自分の無能さを認めることになってしまうから、です。

 

しかし、

 

表面上ではどれほど複雑に見えたとしても、本質は1つです。

単純です。その複雑そうに見える表面上の問題から、

 

 

「本質的な問題は何か?」

 

 

をベストパートナーと出会って結婚したいクライアントの目の前に提示するのが恋愛・婚活コンサルタントという職業です。

ベストパートナーと出会って結婚したいクライアントのレントゲン写真を撮るのがコンサルティングという仕事です。

 

解決策を提示するのが仕事ではありません。解決策はクライアント自らで分かります。

レントゲン写真を見れば、どこに腫瘍があるのかは一目瞭然です。そして、

その後にどうする必要があるのかもクライアントは自分で分かります。

 

・本質的な問題を発見するのが、恋愛・婚活コンサルタント

・その本質的な問題を実際に解決していくのが、クライアント

 

もしベストパートナーと出会って結婚したいクライアント自らが、現実から目を背けずに、

見たくはないものを見れるようであれば

恋愛・婚活コンサルタントという職業は必要ありません。

 

しかし、

 

人は自分が見たくないものから目を背けようという無意識の習性を

持ち続けているので、恋愛・婚活コンサルタントという職業が成り立っています。

ベストパートナーと出会って結婚できた方のレントゲン写真を撮って、「診断の結果、あなたの【本質的】問題は、、、」と

提示するのが恋愛・婚活コンサルタント、です。

 

ベストパートナーと出会って結婚したいクライアント自身が本当は分かっていたけれど、

見たくはなかったから

 

 

目を背けていた現実にしっかりと直視していただくこと

 

 

それが、

恋愛・婚活コンサルタントという職業です。

 

 

貴重な時間にて文章をお読みくださり感謝しています。

ありがとうございます。

それでは、また。

山﨑静

 

追伸:

山﨑静とLINE友達になるには、こちら

→または、スマホでLINEを開いて

「@shizu」(@をお忘れなく)で

ID検索をお願いいたします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*